『チェーテン(CheDeng)』

チェーテン(CheDeng, Cheeteng, 長天, 斜釘, Slant Nail)』は、牌のレイアウト(置き方)が全く異なりますがドミノゲーム『ブロック』に似たゲームです。

ゲームのシステム

主な目標はより多くの手牌をマッチングさせることです。

準備

プレイヤーは4人です。天九牌1セットとダイスと点数記録用のチップを用意します。仮親がダイス2個を振り、仮親から反時計回りに数えて最初の親を決めます。

最初のゲームの手番は右回りになります。

ゲームの始まり

全ての牌を裏向きにしてよく混ぜ、親の前に牌を4段8列1山に積みます。誰から配り始めるかを親が無作為(最初の親を決める方法と同様)に決め、親から見て山の右端から1列ずつを反時計向き2周で配ります。配牌は8枚ずつになります。

まず、親が手牌から任意の1枚を横向きにして自分の前に出します。

プレイ(自分の手番にできること)

プレイヤーは自分の手番に、前の手番のプレイヤーが出した牌で自分の方に向けられている数字を含む牌1枚を手札から出して横向きにして自分の前に置きます(マッチング)。このとき、マッチさせる数字が前のプレイヤーの方を向くように牌を置きます。もし出せる牌がないか出したくない場合には、任意の手牌1枚を裏向きにして置くことでパスとなります(その次のプレイヤーはマッチさせる数字を引き継ぎます)。

2周目以降は、前の周に自分が出した牌の長辺に接続して、やはり横向きに牌を出します(自分の出した牌の列が対面プレイヤーの方へ伸びていきます)。

ゲームの終わり

全員が手牌を出し終えたらゲーム終了です。

裏返しに出した牌の目の合計がそのプレイヤーの失点になります。サイド清算(全プレイヤーが互いに点差を清算すること)を行います。具体的には、最も失点の少なかった1位のプレイヤーは、2位以下のプレイヤーから点数の差をそれぞれ受け取ります。同様に、2位のプレイヤーは3位以下のプレイヤーから点数の差をそれぞれ受け取ります。そして、3位のプレイヤーは4位のプレイヤーから点数の差を受け取ります。

なお、パチョンヤム(全部裏)だったプレイヤーは支払い額が倍になり、トン(全部表)だったプレイヤーは受け取り額が倍になります。

最も失点が少なかったプレイヤーが次のゲームの親になります(同点ならば手番のまわる向きで親に近いプレイヤーが次の親になります)。次のゲームでは、手番のまわる向きと牌を置く向きが左右逆向きになります。

ヴァリアント

伝統ゲームなのでもともと正式ルールというものは存在しません。つまり様々なヴァリアントルールやハウスルールが存在します。

個人的に優れていると思うのは、下記の『ドミノチェーテン』です。

『ドミノチェーテン』

ドミノ牌でプレイ(もちろん天九牌でもプレイできます)。各300点スタート。4ディールまたは8ディール。親は反時計回り(連荘なし)。プレイも反時計回り。メイフォロー(他が全員パスしたら任意の牌を表で出す)。親・全表・全裏は累積して倍。

考察

天九牌のユニークな特徴のうち「1つの牌に2つの数字」が活かされています。

戦術

基本的には、失点をできるだけ少なくするように目の多い牌は早めに消費することが重要です。そして、裏向きに置く牌はできるだけ目の少ない牌にすることです。

前の手番のプレイヤーが持っていない目は早めに処分すべきでしょう。その目で待っていても出てきません。同様に、前の手番のプレイヤーはその前のプレイヤー(つまりあなたの対面)が持ってない目を処分しようとするはずです。

次の手番のプレイヤーに向ける数字は、できるだけ小さいほうがいいです。そうすれば、大きな数字を消費させることを邪魔できます。

ゾロ目の牌(ダブル牌)の枚数は意外に多く感じるかも知れません。

天九牌1セット32枚の中に、一の目は12個、二の目はは9個、三の目は10個、四の目は10個、五の目は11個、六の目は12個あります(合計64個)。そして、ゾロ目の牌(ダブル牌)は各目につき2枚ずつあります。例えば、9個の二の目のうち、【板登(2,2)】2枚によって4個が使われてしまっているのです。

どの目がいくつ残っているかを把握するだけでかなり有利になります。もし他の3人のプレイヤーがその目を持っていないという状態になったなら、敢えて自分もパス(裏置き)してしまう戦術もあるでしょう。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )