Study about Dice. (さいころ研究)

Dice

さいころ(サイコロ,賽子,サイツ,ダイス,Dice,骰子,骨子)を用いる遊戯(ダイスゲーム)は、カードゲームと異なり、ゲームの状態が常にオープンになっているものがほとんどです。それらは記憶力や推理力をほとんど必要としません。従って、それらのゲームにおける分岐のほとんどは、チャンス(運や勘)又はスキル(読みや駆け引き)によって行われます。

チャンス(運や勘)の要素が強いもののうち、所要時間が短いものはギャンブルとして遊ばれることが多く、所要時間が長いものは子供向けのファミリーゲームとして遊ばれることが多いようです。

スキル(読みや駆け引き)の要素が強いものでは、ダイスは乱数メーカーあるいはマーカーとして使用されることが多いようです。読みにおいては、ダイナミックな確率計算(期待値計算)が重視されます。

about Dice(さいころ一般)

ダイス(さいころ)そのものについて。

about Games(さいころ遊戯)

ダイスゲームについて、紹介、考察、あるいは提案します。

ラック系

ギブ&テイク系

ベット系(賭け)

プログレス系(役作り系)

バースト系(欲張り系)

カテゴリー系(分類系)

ブラフ系(はったり系)

レース系(競争系)

ビッド系(競り系)

アクション系

Temp(未執筆・未整理の文書)

いろいろなダイス、材質による分類、形状による分類、図案による分類、さいころの数学、イカサマの技術。

ARAI Satoshi ( arai@rumic.gr.jp )